廃棄物処理

国内では、全国4拠点の廃棄物焼却プラントを中心に、グループ全体で年間約100万トンの廃棄物処理体制を実現しています。

高度な処理技術で、一般的には処理困難な廃棄物を含む多種多様な廃棄物を、安全・適正に無害化処理。ダイオキシンは完全分解し再合成を防止します。

さらに、焼却灰類を高温で溶融し、スラグの有効利用や有価金属の回収にも取り組んでいます。

また、民間施設としては国内最大級の管理型最終処理施設を2拠点保有。収集・運搬から、中間処理、最終処理まで確実なトレーサビリティをお約束します。

廃棄物処理の流れ

このページのトップへ