お知らせ

栃木県民対象の廃棄物処理施設見学バスツアー 来社

2014年8月8日(金)に、(公財)栃木県環境保全公社及び(公社)栃木県産業廃棄物協会主催の「廃棄物処理施設見学バスツアー」が開催され、燃え殻の溶融リサイクル施設である、メルテック(栃木県小山市)に工場見学にお越しいただきました。

本ツアーは、2011年から開始され、メルテックは、2011年に続き、2度目の見学受入となります。

参加者は、小学生10名、70~80歳台の方7名含め、41名の市民の方々とスタッフ8名の合わせて49名で、燃え殻の受け入れから溶融工程を経てリサイクル製品に生まれ変わる、一連の工程を見学して頂きました。

「ごみから資源ができていること」、「溶融スラグが、道路用の路盤材に利用されていること」、「ごみの中に含有しているわずかな貴金属(金、銀、銅など)が、溶融することで、濃縮され、製錬の原料になること」などがわかったと、大変好評をいただきました。

栃木県民対象の廃棄物処理施設見学バスツアー 来社

廃棄物処理施設見学バスツアーの様子が、8月8日のとちぎテレビでの夕方のニュースでも取り上げられました。10月19日9時からの「週刊とちぎ元気通信」でも取り上げられる予定です。

このページのトップへ