お知らせ

エコシステム秋田株式会社が低濃度PCB廃棄物処理施設の建築に着手

~廃電気機器の一貫処理を開始し、処理委託の利便性を向上~

DOWAエコシステム株式会社(東京都千代田区外神田4丁目14番1号 資本金:10億円 社長:佐々木憲一)は、エコシステム秋田株式会社(秋田県大館市花岡町字堤沢42 資本金:50百万円 社長:倉持周志)において、低濃度PCB 廃棄物の無害化処理および有用金属の回収を目的とする新焼却炉の建築に着手いたしました。

低濃度PCB廃棄物のうちトランスやコンデンサなどの微量PCB汚染廃電気機器等は、日本国内に約160万台存在すると推定されています。PCBを含む廃棄物は2027年3月までに処理を行うことがPCB特別措置法により定められていますが、処理施設は11箇所と、未だ少ない状況です。また、廃電気機器等を処理する際には、絶縁油と筐体の両方を処理する必要がありますが、筐体を処理できる施設は前述11箇所のうち5箇所のみです。

DOWAエコシステム株式会社は、2005年から環境省による微量PCB汚染廃電気機器等の焼却実証試験に複数の拠点で参画し、安全にPCBを分解・処理できることを確認してきました。これらの試験から得た知見を基に、2011年から岡山県で連続式専用焼却炉による効率の高い筐体処理を行っており、今回秋田県においても同方式の施設を新たに建設することといたしました。

エコシステム秋田株式会社は、既存の焼却炉において2011年に微量PCB汚染絶縁油の無害化処理に係る大臣認定を取得し、既に処理を開始しています。この度着工した施設が稼働する際には、絶縁油と筐体の両方を同一拠点で処理することが可能となり、廃電気機器等の処理を委託する排出者の利便性を格段に向上させることが出来ると考えています。

DOWAグループでは引き続き、確実で安全な低濃度PCB 廃棄物の処理を進め、2027年3月を法定期限とするPCB廃棄物の処理推進へ貢献してまいります。

建築施設の概要

1)建築場所:
エコシステム秋田株式会社
2)建築着手日:
2013年8月19日
3)竣工時期(見込み):
2014年中
4)処理対象物(予定):
低濃度PCB廃棄物(微量PCB汚染廃電気機器等の筐体を含む)

詳細について

下記URLをご覧下さい。

ニュースリリース(DOWAホールディングス株式会社)
エコシステム秋田株式会社が低濃度PCB廃棄物処理施設の建築に着手

この件に関するお問い合わせ先

DOWAホールディングス株式会社 企画・広報部門  田中、鎌倉
TEL: 03-6847-1106 FAX: 03-6847-1272
ホームページアドレス:http://www.dowa.co.jp/

参考資料

低濃度PCB廃棄物の定義

  低濃度PCB廃棄物
Ⅰ 微量PCB汚染廃電気機器等 Ⅱ 低濃度PCB含有廃棄物
①低濃度PCB廃油
イ:微量PCB汚染絶縁油
(電気機器又はOFケーブルに使用された絶縁油であって微量のPCBに汚染されたもの)
ロ:低濃度PCB含有廃油
(PCB濃度が5,000mg/㎏以下の廃油など)
(主として液状物)
②低濃度PCB汚染物
イ:微量PCB汚染物
(微量PCB汚染絶縁油によって汚染されたもの)
ロ:低濃度PCB含有汚染物
・PCB濃度が5,000mg/㎏以下の汚泥、紙くず、木くず、繊維くず、廃プラスチック類
・金属くず、陶磁器くず、コンクリート破片などの不要物(金属くずなど)に付着したもののPCB濃度が5,000mg/㎏以下のもの
(主として固形物)
③低濃度PCB処理物
イ:微量PCB処理物
(①イ、②イを処分するために処理したもの)
ロ:低濃度PCB含有処理物
(PCB廃棄物を処分するために処理したものであって、PCB濃度が5,000mg/㎏以下のもの)
(金属くず等は付着物のPCB濃度)
  • ※エコシステム秋田㈱の新焼却炉では、上表の全ての廃棄物を処理対象物として計画中

注)出典:低濃度PCB 廃棄物の処理に関するガイドライン-焼却処理編- (平成25 年2 月改訂環境省)、表 1.1 「低濃度PCB 廃棄物の区分」 より抜粋、一部加筆
http://www.env.go.jp/recycle/poly/manual/guideline_haidenki.pdf

PCB廃棄物の処理施設一覧(2013年8月20日現在)

  廃油 トランス
コンデンサ類
その他
汚染物
処理物
(財)愛媛県廃棄物処理センター
光和精鉱(株)
(株)クレハ環境  
東京臨海リサイクルパワー(株)      
エコシステム秋田(株)      
神戸環境クリエート(株)      
(株)富山環境整備
(株)富士クリーン      
関電ジオレ(株)      
三光(株)
エコシステム山陽(株)
※3
 
  • ※1 青字は、DOWAグループの事業者を示す
  • ※2 赤枠は、エコシステム秋田が新焼却炉建設により計画する処理対象物を示す
  • ※3 エコシステム山陽株式会社は、廃棄物処理法に基づく微量PCB汚染廃電気機器等の処分業に係る都道府県知事等の許可施設

注)出典:環境省HP「PCB 廃棄物の無害化処理認定施設」より抜粋、一部加筆
http://www.env.go.jp/recycle/poly/facilities.html

このページのトップへ