お知らせ

土壌浄化事業で中国に合弁会社を設立

~急速拡大が見込まれる中国市場へ本格進出~

当社(東京都千代田区外神田4丁目14番1号 資本金:364億円 社長:山田 政雄)子会社のDOWAエコシステム株式会社(同所 資本金:10億円 社長:古賀 義人)およびその90%出資子会社である蘇州同和資源総合利用有限公司(中華人民共和国江蘇省蘇州市高新区三聯街28 号 資本金1,320 万USドル総経理:高山 幸彦 以下「蘇州同和資源」)は、蘇州市の政府系企業である蘇州高新区経済発展集団総公司(本社 中国江蘇省蘇州市 以下「SND」)と、中国において土壌浄化の合弁会社を設立することで合意いたしました。

中国では、経済成長・発展に伴い農地や工場跡地等の開発が急ピッチで行われております。一方で、土壌汚染についての報道が増えており、社会問題として顕在化してきております。また、2009年12月には政府環境保護部から中国版土壌汚染対策法の草案が出されるなど、2015年を目途に国家レベルで法制定に向けた動きも進められております。今後、法制面の整備に伴い、土壌浄化の需要が急速に高まり、約13 兆円と推定された日本の市場規模を凌ぐと考え、中国における土壌浄化事業に本格進出することといたしました。

合弁事業を組む蘇州市の政府系企業であるSNDは、弊社が2003年に設立した蘇州同和資源の10%出資者であり、市内の不動産開発や公共事業プロジェクトを主な業務としております。新合弁会社は、これまでの蘇州同和資源における金属・家電リサイクルでの実績・経験に加え、DOWAグループの土壌浄化技術およびノウハウを中国へ導入・展開することによって、中国における土壌汚染問題を含む幅広い環境問題へのニーズに対応していきたいと考えております。

DOWAグループでは、環境・リサイクル部門、金属加工部門、熱処理部門において既に中国へ進出しております。環境・リサイクル部門の中国進出は、金属と家電のリサイクル事業が先行していましたが、今回の合弁会社設立で土壌浄化事業においても中国進出が本格化いたします。さらに東南アジア拠点においても体制を強化し、土壌浄化事業において、国内のみならず海外でも事業基盤を強化してまいります。

ご参考:中国合弁会社の概要

社名 蘇州同和環保工程有限公司(仮称)
資本金 450万USドル(約4億円)
出資比率 DOWAエコシステム(株):70%
蘇州同和資源総合利用有限公司:15%
蘇州高新区経済発展集団総公司:15%
所在地 中華人民共和国 江蘇省蘇州市高新区(予定)
事業内容 土壌汚染調査・浄化他
設立時期 2010年 10月目途
事業開始 2010年 12月目途

詳細について

下記URLをご覧下さい。

ニュースリリース(DOWAホールディングス株式会社)
 土壌浄化事業で中国に合弁会社を設立別ウィンドウで開きます
このページのトップへ