お知らせ

微量のPCBを含む廃棄物の焼却実証試験(平成22年3月実施分)の実施結果について

環境省は、秋田県のエコシステム秋田株式会社の協力を得て、微量のPCBを含む廃棄物の焼却実証試験を実施しました。

実証試験の概要

実施場所及び実施期間
エコシステム秋田株式会社(秋田県大館市)
平成22年3月9日(火)~3月11日(木)
実施内容
エコシステム秋田株式会社では、微量PCB汚染廃電気機器等(微量(数十ppm 程度)のPCB を含む絶縁油を使用していた変圧器及びOF ケーブルで既に絶縁油が抜かれているもの並びに微量のPCB を含む絶縁油)を焼却処理し、処理後の変圧器及びOFケーブル並びに排ガス中のPCB濃度等を分析することにより、これらの処理状況を確認しました。

詳細につきましては、下記をご参照ください。

環境省 報道発表資料
微量のPCBを含む廃棄物の焼却実証試験(平成22年3月実施分)の実施結果について(お知らせ)
このページのトップへ